アダルトVRレビュー 対面座位がすごいVR 巨乳を味わえるVR 騎乗位がすごいVR

【VR】妻がいないことをいいことに、僕に「谷間」を見せつけ「誘惑」してくる淫乱な妻の後輩「爆乳」の「Icup」を目の前で密着しながら揺らしまくり、イキまくる姿にたまらず最後は生中出し!! 若月みいな 【レビュー】

KMP VRから若月みいなの第二弾です。前回もエロエロでしたが、今回は女上司の夫を寝取る小悪魔設定。若月みいなの明るくて大胆な魅力が活きるキャラ設定です。
このVRの対面座位は、ちょっと伝説になるんじゃないかと思うくらいすごい。現時点で最高の対面座位が見られるVRです!

【VR】妻がいないことをいいことに、僕に「谷間」を見せつけ「誘惑」してくる淫乱な妻の後輩「爆乳」の「Icup」を目の前で密着しながら揺らしまくり、イキまくる姿にたまらず最後は生中出し!! 若月みいな パッケージ画像【VR】妻がいないことをいいことに、僕に「谷間」を見せつけ「誘惑」してくる淫乱な妻の後輩「爆乳」の「Icup」を目の前で密着しながら揺らしまくり、イキまくる姿にたまらず最後は生中出し!! 若月みいな

妻が横にいるにも関わらず、爆乳の谷間を見せつつ僕を誘惑してくる妻の後輩。妻と僕の関係に嫉妬したのか、妻が席を外すとすぐに近寄り「私の方がいいでしょ」と猛烈なアピール。ばれたらまずいと思いつつも、密着されながら目の前で揺れるIcupの爆乳にチ●コは我慢の限界に。最後は後輩のぐっちょりマ●コに溜まらず大量生中出し!!


痴女同盟評価(5段階)

★★★★★

SEXを疑似体験できる大傑作

AV、VRに求めるものは人それぞれでしょうけど、とくにアダルトVRにおいては「女優との疑似SEX」というのは大きな目的です。そこで重要になってくるのは「行為そのものをどれだけリアルに体感できるか」。

この作品のSEX体感度は現時点のVRの中で最高峰です!

VRの体位のジレンマについて

騎乗位、対面座位、正常位という最近の定番の流れで進むSEXシーンですが、どの体位もめちゃくちゃレベル高いです。
AV的な欲望である「きれいな女性の裸が見たい」という部分と、VR的な欲望である「実際のSEXと同じように女性を感じたい」という部分のバランスが絶妙です。

AVであれば女優の顔が見えずに体の一部だけが大写しになっているシーンが続けば、たいていのユーザーは不満を感じるでしょう。

でも、VRでは女優さんの全身が延々見られる状態になると「女優が(自分から)遠い」、「リアルなSEXしてるときの視点、距離感とは違う」という不満が出てしまいます。

VRにおいては、時には女優の顔が見切れてしまうのも重要な演出なのです。
顔が(自分)に接近し、体が見えない(しかし首を振ると体も見える)といった視点・距離感も大きな喜びになったりします。

そのため、騎乗位や正常位では「覆いかぶさ」る感覚が重視されるようになってきました。
とくに結合しながらキスもできる対面座位はVRの華といってよいでしょうw。

このVRの華である対面座位、多くの作品では男優=(自分)がかなり浅く腰掛けます。
騎乗位から男性が上体を起こした感じです。

(自分)と女優の距離は離れてしまいますが、女優が上体の角度を変えることによって密着感を出したり、裸を見せたりのコントロールがしやすいからだと思われます。

良いことずくめのようですが、チンポジ、つまり画面上のチンポと、自分自身のチンポの位置を合わせるのがけっこう難しいw。

最高の対面座位が見られます!

このVRの対面座位は(自分)がかなり深く腰掛けてます。上体は床に対してかなり垂直。
リアルSEXにかなり近い(って、これも人それぞれでしょうけど)。

おー、この角度は久しぶりだな、なんて思って見ましたが、のんきな感慨にふける暇はありませんでした。
目の前にあえぐ若月みいなのリアルな距離感に、すぐさま頭が沸騰してしまうからです!

まさに抱き合って挿入している感覚!

笑顔だったり苦しげだったり、こっちを観察しているようだったり、若月みいなの表情は刻々と変わり、顔を眺めているだけでも幸せの絶頂。

そしてちょっと首を下に振れば、ぶるんぶるんと揺れる美巨乳。結合部もその先に。
この「ぶるんぶるん」は若月みいなだからこそ、ですね。Gカップでもこのぶるんぶるんは出ません。
Iカップという豊かな乳房だからできる技。

●ップルが新製品出して来る前に「iCup」を商標登録しておくべきでしょう!(謎

ジブンは巨乳大好き、巨乳こそ正義、の巨乳原理主義者でした。
顔も性格も最高の女性がいても、巨乳でなければ絶対に恋をしない。そう思って生きてきました。それを貫いてきました。顔も性格も今ひとつ合わないと思っても巨乳だったら恋をする、そう生きてきました。
たいていその恋は実りませんが。

しかし、VRではより間近に女性を感じられます。
ジブンの偏狭な女性観は徐々に変わってきました。
乏しいリアル女性経験ではわからなかった女体の魅力に気づきます。

ですから、今ではCカップでもオッケー♥くらいに巨乳原理主義を軟化させていたんですが(あおいれなの場合はAカップでもオッケー♥)、あらためて巨乳さんをVRで見る価値を再確認した思いです。

やっぱ巨乳は正義!

若月みいなの表情、巨乳、そして(自分)の上体の角度。全ての奇跡的なマリアージュが至高の対面座位を産んだのです!

「正常位のゲームチェンジャー」となり、今も語り継がれる羽生ありさの「肉感!圧迫!窒息寸前!ケダモノ奥様と僕。 羽生ありさ」と同様のインパクトをジブンは感じました。

SEX中の会話がもたらすリアリティ

この最高の対面座位中も若月みいなはいろいろ言葉でもこちらを刺激してきます。
隣室には(自分)の妻がいるという逆NTR設定ですから、そこを巧みに突いてきます。

SEX中って、必ずしもSEXそれ自体のことだけ会話するわけじゃありません。
「おっぱいきれいだね」「あなたのおちんちんも素敵よ」みたいなことだけ話しません。

食事中の男女だって、「新鮮な野菜だね」「お肉も美味しいわ」みたいな会話だけじゃないですよね。
明日の天気の話もするでしょうし、最近おもしろいドラマの話もするでしょう。

若月みいなは快感への集中を切らさないまま、こうした「ちょっとした会話」を挟んできます。
天気の話なんかもちろんしないですけど。ちゃんとエロにつながることしか言わないですけど、この会話がリアルなSEX感を高めていると思います。すばらしい演技です。

とくにすごいなって思ったのは「バレてもいっか♪」という一言。
奥さんにバレたらたいへんだよね?って何度も(自分)をからかってくるんですが、すでに何度か快感のピークを味わって、すっかり「男女の仲」になった頃合いに「バレたら大変だよねw…でも、ま、バレてもいっかw」とあっけらかんと笑います。

シビれましたね〜。これぞ悪女! ですよ。
そもそも奥さんにバレないように、こっそりエッチするという設定じゃなかったの! そんな設定自体をぶちこわす一言。
言葉や表情一つで男を翻弄する悪女。気の弱い男ならこれだけでチンポが縮み上がるでしょう。

でも縮み上がりません。気の激弱いジブンでも縮み上がりません。だって、顔を上気させ、瞳がいたずらっぽく光る若月みいなのキスに、頭が真っ白になってしまうんですものw 

この作品の若月みいな、いかにもそんなことを言いそうなんです。すごい説得力があるんです。
KMP第一作のストーカーにおびえる女子大生は、ストックホルム症候群(緊迫した状況で共感を恋愛感情と混同してしまう)的な感じで雰囲気に押し流され欲情してしまう、メンヘラ要素も感じさせる役でした。そのときとは一転して今作ではふてぶてしいばかりの小悪魔。すごい演技力ですねー!

若月みいなの魅力あふれる、見ておかないともったいない傑作

このVRは本当におすすめです。とにかくこの対面座位は必見なのですが、騎乗位も正常位もすばらしいです。

正常位の覆いかぶさり感もばっちりです。ただ、床に敷いた布の色が髪の毛と同系色で、ちょっと若月みいなが平板に見えちゃうのが惜しいですが。

騎乗位はぶるんぶるん感たっぷり、対面座位とはまた違って若月みいなの大迫力の肢体を堪能できます。
あ、チンポ褒め淫語もばっちりですよ。言うことなし!

男を見つめる瞳の光には、キラーン★という効果音が入りそうなくらい。

とにかく明るい若月みいな、っていうとなんか芸人さんみたいですが、若月みいなの明るい魅力爆発の傑作です!

CATEGORIES & TAGS

アダルトVRレビュー, 対面座位がすごいVR, 巨乳を味わえるVR, 騎乗位がすごいVR, , , , ,

Author:

最近はアダルトVRにハマり中ですw VRやハーレムもののときはS寄り視点ですw

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です