ソープランドにきたら美女2人の2輪車プレイ!ボクは拘束椅子にのせられて…【VRでリアルなソープ体験!超おすすめレビュー】

2018年8月20日 更新日:

今まで見た中で一番リアルなソープVR!
画質、音質すばらしい!
1時間15分、ほぼヤリっぱなし。
超おすすめです!

【VR】長尺・バイノーラル録音 ソープランドにきたら美女2人の2輪車プレイ!ボクは拘束椅子にのせられて大発射!膣外射精と生中出しの大満足ソープ体験! パッケージ画像【VR】長尺・バイノーラル録音 ソープランドにきたら美女2人の2輪車プレイ!ボクは拘束椅子にのせられて大発射!膣外射精と生中出しの大満足ソープ体験!

この作品は拘束椅子に載って竿とタマをしゃぶりつくされる経験が可能です!どうです!買ってみたくなったでしょう!もちろんそれだけではありません!美咲・妃月の癒し系コンビからたっぷりソーププレイをやられます!マットにくぐり椅子まで。お客様時間いっぱいたっぷりとお楽しみください


痴女同盟評価(5段階)

★★★★★

VRでここまでリアルなソープ体験は初めて!

ソープをできる限りリアルに表現してるのがすごい。

これまでソープVRで不満だったのは、ソープというファンタジー空間をさらにAV的ファンタジー加工していたことです。
ソープランドはそもそも風俗の王様と呼ばれるくらいに極上の空間です。美女が性の手練手管で男性を快楽責めするのが醍醐味。でも、それを忠実に再現しているVRは驚くほど少ないのが現状でした。

これまでのなんちゃってソープVRでは…

VRならではの制約として、男性があまり動けないこともあるのでしょうが、すでに裸にタオル一枚でマットに横になったところに女性が現れたり…。誰がそこまで脱がしたんでしょうか。

ソープ嬢のテクニックを女優さんが再現できないという部分もあるかも知れませんし、リアルにマットプレイをしてもVRではその気持ちよさが伝わりにくいのかも知れません。

結局、マットやローションを使ってお風呂場で女性とエッチしているのを「ソープ」と称している作品が大半だったと思います。

「お仕事派」「恋愛派」

風俗において、とくにソープでは「お仕事派」「恋愛派」という接客タイプの分類があります。
「お仕事派」は、昔ながらのソーププレイを重視して、テクニックで満足させるタイプ。
「恋愛派」は、その時間、恋人のように振る舞うタイプ。

実際はこの分類はあまり意味が無く、仕事ができる(テクニックがある)お仕事派に雰囲気は期待できない(事務的)というわけではありません。

それでもこの分類はそれなりに風俗嬢側にも客側にも流通している気がします。
その理由は、この分類は、実はソープ嬢の分類と言うよりも、男性客が求める接客スタイルを表しているからでしょう。

個人的には、ソープは椅子やローション、マットを利用して普通では味わえない快感を楽しむところで、女性のテクニックはすごく重要なポイントです。
ですから、ジブンは「お仕事派」が好みということになります。
でも、仕事ができるソープ嬢は事務的かと言えばそんなことはもちろんなくて、むしろコミュニケーションも楽しい女性が多いです。ただ、そういうソープ嬢には疑似恋人と錯覚させるような会話があまりないのも確かです。その替わりに、「今日はちょっと新しい技を試してみようか?」とか「椅子でいつもより長めに遊んでみる?」といった、二人で快楽を追求して楽しむ交流があります。

「恋人派」は、仕事よりも疑似恋人感を楽しみたい人が求めるソープ嬢像ということになります。
風俗嬢としてはかなり心がすり減る接客を求められることになりそうです。また、男性の方は勘違いしたり、粘着したりと不幸な結果を生む気がしますw。

まとめると、
「お仕事派」「恋愛派」はソープ嬢の分類というよりも、男性客が求める接客スタイルを表した言葉と言えるということ。
「お仕事派」の場合、ソープ嬢と男性客は『(男性にとっての)快楽の追求』を共有します。
「恋愛派」の場合、ソープ嬢と男性客は『二人が好き合っているという幻想』を共有します。

VRにおけるソープものの問題点

前述したように、いきなり男性がタオル一枚で座っているもしくはマットに仰向けになっているなどのディテール軽視。

ソープテクニックを女優さんに求めるのも難しいこともあるでしょうし、VR映像としてテクニックを伝えるのも難しいのかも知れませんが、マットやローションというソープシチュエーションを使った単なるいちゃラブ系プレイになっていることがほとんど。

「恋愛派」になることを避けている作品がほとんどだが、「お仕事派」というわけでもない。『快楽の追求』要素が希薄で、女優さんは何をしゃべっていよいのかあいまいなのか、むしろVRの方が事務的な接客になっていることが多い。

このVRは圧倒的にリアル、そして楽しい!

ようやく、今作に話を戻します。

今作は前述したようなVRソープの問題点をすべてクリアしている快作です。
二輪車(3P)という設定は、ソープものの中でもさらにハードルが一段上がりますが、美咲かんなさんと妃月るいさんの冒頭の会話から、二人の距離感、客との距離感があっという間に伝わります。

二輪車を組めるソープ嬢は互いに性病のことも含めて安心感が持てる相手であることが必要ですし、仕事の分担、この客はどちらにとっての常連客なのか、といった気兼ねなくプレイを楽しむための前提はこの時点でほぼクリアされます。

この会話だけでもこの作品がVRソープものとして圧倒的に優れていると思います。

その後展開されるプレイ内容もまさに「快楽の追求」にこだわっていますし、女優さんたちもそれをフックに滑らかに心地よいコミュニケーションをとってくれます。目的が明確ですから、美咲さん、妃月さん二人の会話もスムーズです。

その他にも、ソープ二輪車ならではの楽しみ方が随所に再現されています。

妃月るいの淫語がすごい

VRでは視点が限られます。ですから、淫語の役割は普通のAVよりも大きいと思います。

今何が行われているのか、そこで発生しているのはどんな快楽なのかを実況し、あえぎ声で興奮をかきたてる妃月るいの淫語は、これぞVRに必要な新しい形の淫語といっていいかも知れません。

美咲かんなのビジュアル的エロさと、仕事師ぶりがすごい

美咲かんなのビジュアル的エロさはやはりすごいものがあります。

この人は清楚で賢そうな美人でありながら、思いきりがよいエッチというギャップが魅力だと思いますが、それに加えて、その場でもっとも価値観が尊重されるカリスマ感があると個人的には思います。

場の雰囲気を大きく左右する存在感があるんですよね。

その美咲かんなが、この作品では妃月るいよりも仕事ができる先輩風であり、椅子洗い、くぐり椅子を主導していきます。
すごい安心感があります。

会話中やプレーの切り替え時になるべくちんこを離さない凄腕ソープ嬢感もすごい。

二輪車ならではお楽しみ、マットの準備中の入浴

一人がマットの準備してる間に、もう一人とお風呂に入るという二輪車特有の楽しみがあるのがすごい。

先輩の美咲かんなが準備、妃月るいと入浴です。
そこでお互いに立った状態でのいちゃいちゃが最高でした。
妃月るいのきれいな体もまぶしい!
密着いちゃいちゃ感がスーパーです!

拘束椅子、そして男の潮吹き!

拘束椅子はゴールドチェアーかピンクチェアーなのかと思ったら、まさに拘束椅子でしたw
男の潮吹きあります!

まとめ

・これまで単独指名していたオキニ2人で初めて二輪車するという設定が活きてます。
・最初からエッチする前提のソープランド、客と嬢という関係性だからこその、後ろ髪引かれないすばらしいハーレム!
・「拘束椅子」「男の潮吹き」がありますが、M男ものではありません。ソープ嬢の技を楽しむVRです。
・受け身だけではなく、男が責める場面もあります。
・繰り返しになりますが、これほど「ソープ感」があるソープVRは初めて!
・会話もそこそこにめいっぱい時間を使ってエッチしてるのもすばらしい!

CATEGORIES & TAGS

M男向けのS女の淫語や言葉責めがすごいVR, おすすめアダルトVRレビュー!, ハーレムがすごいVR, 手コキがすごいVR, 男の潮吹きが体験できるVR, , , , , , ,

Author:

最近はアダルトVRにハマり中ですw VRやハーレムもののときはS寄り視点ですw

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です