M男暴行がすごいAV

天才復活。超美形でちょっと太め。七瀬ゆいのエロM男格闘に土下座しながら勃起せよっ!

2016年9月2日 更新日:

七瀬ゆいの「M男格闘」動画。

マザーズの「豊満艶肉女神 〜地獄の淫肉卍固め〜 Vol.2 七瀬ゆい」。

天才復活。超美形でちょっと太め。七瀬ゆいのエロM男格闘に土下座しながら勃起せよっ!

豊満で巨乳の七瀬ゆいがM男を次々と組み伏せていきます。四つん這いにしてハイヒールでアナルをグリグリしたり、腕ひしぎ逆十字を決めたり、強烈な顔騎で窒息させたり、顔面を踏みつけたり、ペニバンで逆●イプしたり。。。男とのプロレスでは最初責められるものの、逆転してフェラチオで痴女責めします。

七瀬ゆいを最初に見たのは「くっさい包茎M男に暴言手コキ責めする痴女」という痴女オムニバスものでした。このAV、他の女優さんもすごく良くておすすめなんですが、その中でも七瀬ゆいは別格に美人で、しかも胸元の盛り上がりがすさまじくて、こんな夢みたいな女性が現実にいるのかと驚いたものでした。当時は「羽田未来」という名義でした。

七瀬ゆいは川崎堀ノ内のラグジュアリーという高級店に在籍するソープ嬢でもありましたが、2011年頃ソープ嬢を引退し、AV活動もそのまま自然消滅する感じでした。

ところが、昨年、ラグジュアリーの姉妹店で巨乳がウリのプロポーションというやはり川崎堀ノ内の高級店に、以前の源氏名「RIONA」で復帰。
プロポーションのRIONAプロフィール

そしてAV活動も再開したようです。ぽっちゃり体型で豊満フェチものや痴女系が似合うのですが、なんとマザーズ作品に登場です。
しかも、M男格闘シーンや暴行系の責めがてんこ盛りの作品です。
七瀬ゆいの魅力は、ぽっちゃりボディなのにクールな美貌というアンバランスなところだと思うんですが、OLのコスプレするとそれがとくに活きると思うんですよね。仕事がデキるキャリアウーマンなのに、スーツはパツパツ、という感じがたまりません。
正面に立たれただけで土下座したくなるルックスです。

この本編AVですが、プロデュースは淫語魔さんという人で、この人は「淫語AVマニュアル」というサイトをかなり前から運営している方です。まったく面識もなにも無いのですが、すごいサイトだなーと思ってときどき見てたんですが、それがマザーズのスタッフになって、自分の理想のAV作ってるんですから、すごいですね。

そのため、淫語、とくに痴女淫語には注目したいところですが、最初の「私の名前は七瀬ゆい、またの名をブル七瀬」ではじまるモノローグで、大丈夫か心配になります。「昼はOL、夜は流しの女格闘家」というセリフが続きますが、セリフの内容もトホホですが、それを語る七瀬ゆいの棒読みぶりはかなりなものです。

ところが、サラリーマンをお仕置きするときの「ほらぁ、もっと味わいな、アンタが昼間欲しそうに見てたケツだよ〜」と言いながらお尻を顔面に押しつけるシーンでは俄然、イキイキしてます。
痴女が得意な女優さんに多いのですが、普通のセリフはパッとしなくても、痴女責めしはじめると途端に舌が滑らかになって、抜群の演技力を発揮するタイプなんですね。

監督は真咲南朋というのも驚きです。AV女優が企画的に監督をやるというのは、これまでもいくつかありました(「騎乗位寸止めからの男の潮吹き! 藤井シェリーが監督・主演作でM男を貪り、弄ぶ。」でも紹介している作品など)。
真咲南朋も監督とクレジットされている作品がありましたが(へりぽビデオの「南朋監督が自宅で撮るM男調教 Issue.1」など)、企画ではなくリアルに監督として活動しているようです。もはや野村克也レベルのプレーイングマネージャー(女優兼監督)なんでしょうね。男を正座させて、そこにテーブルに腕を突いてヒップアタックを連発するシーンとか、きっと真咲南朋監督のアイディアじゃないでしょうか。

「豊満艶肉女神 〜地獄の淫肉卍固め〜 Vol.2 七瀬ゆい」画像豊満艶肉女神 〜地獄の淫肉卍固め〜 Vol.2 七瀬ゆい
豊満で肉づきのいい女が悪い男を体を使って懲らしめていく。肉の詰まった巨躯で圧迫ボディプレスしたあとは、組んずほぐれつの淫肉卍固めでグロッキー。野郎どもは美人で腕っ節の強い好色女神に四肢で絡め取られ、最後は当然マンコでギュウギュウやられてしまう。これで昇天ギブアップ! 出演:七瀬ゆい

「豊満艶肉女神 〜地獄の淫肉卍固め〜 Vol.2 七瀬ゆい」拡大パッケージ画像

CATEGORIES & TAGS

M男暴行がすごいAV, , , , , , , , ,

Author:

最近はアダルトVRにハマり中ですw VRやハーレムもののときはS寄り視点ですw