「男の潮吹き」なら、この女が最強かも! 女編集者・大野佳奈(仮名)がカレシを意地悪く言葉責めしながら悶絶させるっ!(射精管理動画)

痴女動画・痴女AVのレビューや、出演AV女優プロフィール、M男・痴女プレイ紹介

痴女同盟

ホーム
>
射精管理
> 「男の潮吹き」なら、この女が最強かも! 女編集者・大野佳奈(仮名)がカレシを意地悪く言葉責めしながら悶絶させるっ!

「男の潮吹き」なら、この女が最強かも! 女編集者・大野佳奈(仮名)がカレシを意地悪く言葉責めしながら悶絶させるっ!

大野佳奈(仮)の「男の潮吹き」動画。

「男の潮吹き」なら、この女が最強かも! 女編集者・大野佳奈(仮名)がカレシを意地悪く言葉責めしながら悶絶させるっ!

SODクリエイトの「おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技」から。


お隣さんの痴女動画ピックアップ

ペニバン逆アナル&男の潮吹きM性感嬢だったという管野しずかによる豪華プレイ!
ペニバン逆アナル&男の潮吹き [痴女ファイルホスト→]
魅惑の睾丸潮吹きエステサロン 男が悶える快感マッサージこの美熟女は顔も体も表情もすんごくヤラしくて、しかもテクニシャンなんです! チンポ潮を吹いた後ってスッキリ?それとも脱力??
魅惑の睾丸潮吹きエステサロン 男が悶える快感マッサージ [Sな女とMな男→]

「男の潮吹き」なら、この女が最強かも! 女編集者・大野佳奈(仮名)がカレシを意地悪く言葉責めしながら悶絶させるっ! 内容紹介


大野佳奈(仮)の「男の潮吹き」動画。(22分12秒)

「男の潮吹き」は、この女からはじまった! ということになるんでしょうか。あくまでAV上の設定だとは思いますが、SODへ企画を提案した大野佳奈という女編集者がプライベートでカレシに男潮を吹かせるというシーンです。
カレシ役は「シンちゃん」と呼ばれていますが、範田紗々にも男潮を吹かされたりしてる(「巨乳の単体AV女優がM性感風俗嬢を先生にして男の潮吹きを実習 範田紗々」)男優さんです。ガタイが良くて、肌がきれいで、控えめですが反応良くて、とても好感が持てる男優っすね。

超キュートでドSでラブラブなお姉さんぶりが最高の大野佳奈(仮名)、とにかく言葉責めが多彩で、引き出し豊富で途切れません。手コキ技も巧みだし、手練れのM性感嬢なんすかね。腕の筋肉質な感じ、これほとんど手コキで鍛えたように思えるんですけど。
「カレシとカノジョ」設定をうまく使った言葉責めが効いてます。背後から手コキ、連続射精、射精直後責め、寸止め焦らしといったM男手コキならではの要素もいっぱい入ってます。
最後まで服をまったく脱がず、盗撮風の映像なんですけど、それが逆にいいんですよね。ゴージャスなスイートルームじゃなくて、こういう自分の部屋っぽいところで、カノジョにこんな言葉責めをされながら何度も手コキでイカせてもらえる…なんて、夢みたいです。ていうか、ジブンにはまさに夢でしかありませんが。

数ある男の潮吹きものの中でも、ジブンはこれ、エロさ、実用度では最高峰じゃないかと思います。

このAV、友田真希、真咲南朋も出てますが、パケの緑色の服の子の手コキがスゴすぎる!と(一部で)話題になりましたよね。

※拍手数で動画ランキングやってます。この動画が気に入ったら、ぜひ投票してみてくださいっす。

「おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技」画像この動画の本編は→おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技
某出版会社に勤める女性編集者から、ある企画提案のメールが届きました。そのテーマは何と「男性の潮吹き」!そこで彼女が編集をする雑誌から読者を集め、女性による女性の為の「男性の潮の吹かせ方」講座を開催しました。よがり狂う男性器を前に、女性達の行動は次第にエスカレート!延々と続く亀頭摩擦に、チ○ポは堪らず大量潮吹き!女性たちの性に対する旺盛さは、留まる事を知りません!!
出演:友田真希 真咲南朋

「おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技」拡大パッケージ画像
関連記事

この動画のポイント(出演AV女優、女優の特徴、設定、プレイ内容...)

男の潮吹き 手コキ 射精直後責め 言葉責め CFNM ブリーフ ローション 女優の名前がわかりません カノジョ(恋人) 


web拍手 by FC2

記事作成:痴女同盟

[ 2012/04/20 ] 射精管理 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chijodomei.net/tb.php/492-cf57c2cc

痴女同盟新着記事

痴女同盟人気記事ランキング(拍手数)

Powered by AZ Powered by DMM.com Webサービス

アクセスランキング


痴女同盟メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: